So-net無料ブログ作成

2019.06.21-22 沖縄本島 辺野古ゲート前座り込み・慰霊祭・旧海軍司令部壕他

此方は2019年6月19日~22日の沖縄本島での4日間をまとめたものです。

写真は此方 → 2019.06.20 沖縄本島 名護・本部・辺戸岬・高江

2019.06.21 沖縄本島 辺野古キャンプ・シュワブゲート前・座り込み、沖縄本島は辺野古キャンプ・シュワブゲート前で連日行われている座り込み行動、此方は歌とスピーチによる新基地建設反対!抗議行動のノーカット記録動画です。この日、機動隊は2日後の慰霊祭に駆り出されてお留守。よってゴボウ抜きは無し!( ゚д゚ )クワッ!! なんで自分がゴボウ抜きされるのを自分で撮影するという宿題は来年以降に持ち越し!?(T_T) 更にオスプレイも飛んでなかったので、飛行撮影(録画・録音)も無し!( ゚д゚ )クワッ!! 機動隊とオスプレイの真実をお届けしたかったのですが力及ばす申し訳ございません。しかし辺野古5回目にしてゴボウ抜きがあったの1回だけ。俺が来ると何も無いんだよな、平和大使か!?いや何も無い事は良い事なんだけどね。失礼しました。前日は大雨洪水雷竜巻波浪注意報絶賛発令中につき、前半はレンタカーを下りる事も出来ず、写真も動画も無しです。ごめんなさい。あんな滝の様な、バケツをひっくり返した様な豪雨の中、車で北部に向かう事すらかなり危険!たれうやや先輩、危険なドライブ観光ガイド、ありがとうございました!もう水溜りにタイヤが取られる度に盛大な水しぶきを2m位跳ね上げ、対向車からの凶悪な水しぶきがフロントガラスに襲い掛かると視界ゼロ!( ゚д゚ )クワッ!! 死ぬかと思ったわ!失礼しました。時々てか一瞬小雨になったり止んだりしたので、後半は車から下りて写真だけ撮影。辺戸岬や高江などは写真のみ別に上げてるので、良かったら観て下さい。


2019.06.21 沖縄本島 辺野古キャンプ・シュワブゲート前・慰霊祭、沖縄本島は辺野古キャンプ・シュワブゲート前で連日行われている座り込み行動、此方は実際に遺骨のある辺野古キャンプ・シュワブゲート前で毎年行われている慰霊祭のノーカット記録動画です。非常に詳しく説明されてます。亀次郎のお孫様の瀬長和雄様もお話されてます。百人を超えるご焼香、もう一つの慰霊祭、観て下さい。


写真は此方 → 2019.06.21 沖縄本島 辺野古・大浦・本部・名護

2019.06.22 沖縄本島 那覇・旧海軍司令部壕、此方は那覇空港から車で15分と那覇から一番近い南部戦跡、旧海軍司令部壕のノーカット記録動画です(撮影許可取ってます)。小笠原父島はトーチカだらけでシーカヤックで海で出ると分かりますが、島のあちこちに穴があり、高射砲が覗いています。宿の庭先や公園にも高射砲や戦車の残骸が無造作に転がってたりします。父島では何度もトーチカや高射砲など見てきましたが、こんなに巨大なトーチカを沖縄本島で見たのは初めてです。小笠原と違って高射砲等はありませんがライトアップされて綺麗に整備されています。手付かずの父島とは違い、資料も揃っており、南部戦跡巡りするならお勧めだと思います。特に自決した時の手榴弾の弾痕がそのまま残っている部屋は観ておいて欲しいです。そして全国各地から送られてきた夥しい数の千羽鶴。平和を願う人達の心が伝わってきます。因みに過去何度か行われた東大和反原発デモのスタート地点である都立東大和南公園にある旧日立航空機株式会社変電所のチラシが受付横に置いてありました。此方の変電所には無数の弾痕が残り、西の原爆ドーム、東の変電所と呼ばれ、東大和市指定文化財になるほど、大変貴重な戦跡の一つです。平和を願うシンボルとしてもっともっとアピールして欲しいと思います。またデモやらないかなー?失礼しました。この様な戦跡は戦争の悲惨さを忘れず、平和を願う人達の手で大事に保存されてきました。歴史修正主義者から守り戦争の真実を伝えていかなければなりません。沖縄や小笠原に観光に来たら、海や山、自然を満喫するだけでなく、観光以外に戦争の傷跡にも関心もって貰い、少しでもいいから平和について、子供達の未来について、戦争を知らない大人の責任について、考えて頂きたいと思います。宜しくお願い致します。失礼しました。


写真は此方 → 2019.06.22 沖縄本島 那覇・旧海軍司令部壕
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント